MENU

ビル・ゲイツの離婚は税金逃れの真実が?財産分与の予想金額も調査

引用元:forbes

ビル・ゲイツ(65)が27年間結婚生活をしてきたメリンダ夫人(56)と2021年5月3日に離婚を発表され、世界的に驚きが走っています。

3人の子供も育ったため、新しい生活のための空間とプライバシーを求めたいことが理由。

ビル・ゲイツの個人総資産が1305億ドル(日本円約14兆2245億円)と言われ、メリンダ夫人への財産分与が注目されています。

ビル・ゲイツの離婚による財産分与の予測金額と税金逃れの真相について調べてみました。

目次

ゲイツの離婚による財産分与の予想金額は?

ビル・ゲイツは個人総資産として1305億ドル(日本円約14兆2245億円)を有しています。莫大な金額でありあまり想像は付きませんが、現在世界長者番付では第4位の資産を保有しています。

世界長者番付10人以下です。

引用元:forbes

さて、離婚により財産分与はアメリカではどうなっているのでしょうか

ワシントン州で離婚する場合の財産分与

夫婦間で均等に分配です。

ワシントン州は Community Property State(共同財産制の州)といって、結婚している間に得た収入は、夫または妻のどちらかのみに支払われたものでも、夫婦の共同財産と法的に認められています。

したがって、夫婦が離婚をする際、一方のみが働いて得た収入は、個人財産として認められない限り、ほぼ夫婦間で均等に分配されます。

つまり、夫のみが働いており、妻は働いていなくても、結婚している間に得た収入は夫婦の共同財産です。

引用元:

メリンダ夫人が分与される財産(7兆1122億円)

ビル・ゲイツの場合は、27年前に結婚してからの収入で得た資産は共同財産となり、現在の1305億ドルが全て結婚してから得たものであると仮定すると、均等の652億ドル(7兆1122億円)が財産分与されます。

ビル・ゲイツの半分の個人資産が分与されるのですね。また、夫婦だったので当然かなと思います。

尚、日本では、均等分配でなく貢献度に応じ分配となっています。アメリカのワシントン州がいいのか日本がいいのか微妙ですね。仲良く暮らす方を選びたいです。

財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して築き上げた財産を、離婚の際にそれぞれの貢献度に応じて分配することをいいます。法律にも、離婚の際には、相手方に対し財産の分与を請求することができる(民法768条1項)と定めています。

ビル・ゲイツの自宅の写真です。これが一部分とはすごい!

引用元:forbes

写真は、今年もビリオネアランキング1位となったビル・ゲイツの自宅の“一部”である。なぜ“一部”なのかというと、シアトル郊外ワシントン湖畔にある自宅敷地は人工河川も流れるほど広大で、面積にして約140平方kmもあるからだ。

これがどれほどの広さか。面積100平方km余りのパリ市全体よりもさらに広いといえばイメージしやすいだろうか。邸宅は水中に音楽が流れるプールやバー付きの図書室、守衛室まで完備し、推定価格は80億円。

引用元:forbes

規模が違い過ぎますね。この家はどっちが住むのでしょう。同じ敷地に住んでも顔を合わせることがないかもしれません。

広告
Loading...

税金逃れの真相に注目!?

引用元:forbes

ビル・ゲイツの個人資産は、今回のように離婚した場合は非課税にて財産分与出来ます。この時点では税金を払う必要がありません。結論は今回は税金逃れが離婚の目的ではなかったのです。

アメリカの税金なので細かな正確な計算はできませんが、アメリアで死亡した場合は、財産に対して基礎控除したあとに、税金がかかります。

今回のように、生前に非課税で資産を2つに分けた方が、基礎控除が二人分使えるので有利になります。

下記の簡易表では、離婚した方が基礎控除が2倍の1000万ドルとなるため、有利となります。

ただ、財産額があまりにも大きいため、財産額からしたら、税金逃れは僅かな金額となっています。

よって、離婚は税金逃れが目的ではないと思われます。

ビル・ゲイツ夫妻の場合の基礎控除額

  • 離婚しない場合
    • ビル・ゲイツが亡くなった場合:相続資産1305億ドルー基礎控除500万ドル=1305億ドル
  • 離婚した場合
    • ビル・ゲイツが亡くなった場合:相続財産652億ドルー基礎控除500万ドル=652億ドル
    • メリンダ夫人が亡くなった場合:相続財産652億ドルー基礎控除500万ドル=652億ドル

まとめ

ビル・ゲイツの離婚による財産分与の予測金額と税金逃れの真相についてみてきました。

ビル・ゲイツの場合は、27年前に結婚してからの収入で得た資産は共同財産であり、現在の1305億ドルが全て結婚してから得たものであると、均等の652億ドル(7兆1122億円)が財産分与されます。

結論は今回は税金逃れが離婚の目的ではなかったのです。

ビル・ゲイツも現在65歳になっているのですね。財産が半分分与したところで使い切れない額であることは確かです。

離婚理由であり、新しい生活のための空間とプライベートの確保はほんと大切ですね。引続き世界貢献出来る事業に関わって行ってほしいです。

広告
Loading...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる