【家系図】福島孝徳の死因に驚き!家族構成や引退理由はなんだった!

「ゴッドハンド」「神の手を持つ男」と言われていた脳神経外科医の福島孝徳先生がお亡くなり話題です。

大好きだった福島孝徳先生の死去は悲しいです。

「私のミッションは全力を尽くして患者さんを救うこと」といつも言っていて、年間600件の手術をして多くの患者を助けてくださった福島孝徳先生でした。

福島孝徳先生の死因や家族構成や引退理由についてみていきましょう。

目次

福島孝徳先生の死因に驚き(神の手)

福島孝徳先生は、2024年3月19日の死去していたことが3月23日に発表されました。

年齢は81歳でした。

福島孝徳先生は去年より療養中でした。

死因に詳細について国内報道、海外報道とも報道されませんでした。

ただ、去年より療養中だったことであり、死因は病気だったのです。

昨年より療養されていた当院最高顧問である福島孝徳先生が逝去されました。

福島孝徳記念クリニック

事故や自殺でなく、ほっとしました。

また、療養は、2023年には米国で、その後は日本に帰国して行なっていたとのことです。

昨年渡米され、また日本に帰国し、手術室に戻れるよう全力で療養されておりましたが、願い叶わず、我々弟子としても無念で、悲しく寂しい思いでいっぱいです。

福島孝徳記念クリニック

また、福島孝徳先生は80歳まで現役で手術を行なっており、最後の最後までご自身の「私のミッションは全力を尽くして患者さんを救うこと」をやり遂げられていました。

すごすぎますね。80歳まで現役で手術していたなんて、驚きです。まだまだ元気でおられると思っていました。

福島孝徳先生の家族構成(家系図)

福島孝徳先生の家族構成は、

本人、妻、長女、長男 

の4人家族です。

福島孝徳先生は、手術で忙しく

不自由なく暮らせるように、ちゃんと仕送りはしていますが、子供にあるのも年に1回か2回です。

と子供が小さいときの発言されています。

また、家族とは別居婚をしていました。

福島孝徳先生いわく、

「ピースフルな別居」

と言っていました。

福島孝徳先生の妻は福島法子です。

妻は現在66歳と推定されます。

2017年に妻の還暦パーティーを行なっています。

福島孝徳先生がパーティーに出席するイメージがありませんでしたが、先生自身もバンドで演奏されて方だったので、珍しいことではないです。

長女

長女の名前は福島梨紗さんです。

現在の詳細は報道はされていません。

長女の福島梨紗さんは、小さい時は、フィギュアスケートの道を歩んでいました。

娘がフィギュアスケートの道を選び、妻は娘と一緒に敏腕コーチの近くに住み、別居婚という形に落ち着いた。

神の手のミッション福島孝徳:本より抜粋

その後は、医学部に進学して、脳外科医の進路を希望していると福島孝徳先生がインタビューで答えていました。

フィギュアスケートの道を諦め、医学の道に進んでいる可能性が大きいです。

長男

長男の名は福島徳仁さんです。

こちらの福島徳仁さんの情報はありませんでした。

わかりしだい追記していきます。

福島孝徳先生の引退理由はなんだったの?

福島孝徳先生は、80歳まで現役で脳神経外科の手術を行なっていました。

医師を引退する意思はなかったのです。

よって、

去年より療養していましたが、「手術室に戻れるよう全力で療養されていた」と報道があり、生涯現役を貫いた福島孝徳先生でした。

晃友脳神経外科眼科病院にて、主に日曜日を手術日として積極的にご尽力頂いておりました。寝ても覚めても365日脳神経外科医であり、80歳という年齢を感じさせないエネルギー溢れる仕事を行い、最後まで患者様のことを第一に考え、全ての時間を “脳神経外科医 福島孝徳” に捧げていらっしゃいました。

福島孝徳記念クリニック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次