藤巻健太議員の大学・高校学歴やみずほ銀行経歴は?父親はあの伝説の人!

日本維新の会・藤巻健太議員が財務金融委員会で「三角関数よりも金融経済を学ぶべきではないか」と議論提議したことをツイッターでツイートしたことで、大いに話題です。

三角関数の勉強することが賛成派と否定派に分かた議論がネット上で大炎上中ですね。

おそらく、藤巻健太議員は三角関数は必要な人は学び、不要な人はそれを使った金融経済を学べといっているのでしょう。本人は三角関数の重要性も十分に理解して上での発言かなと。

実際下記ツイートでも発言していますね。こんな炎上する発言をしてしまう藤巻健太議員はどんな学歴で経歴なんでしょう?また、どこかで聞いた名前だなと思っていたら、実は父親があの伝説のディーラーだったんですね。

それでは、さっそくみていきましょう。

目次

藤巻健太議員の大学・高校学歴は?

藤巻健太議員は、銀行員だった父の転勤先でロンドンに2歳までにいました。その後日本に帰国して都内にて暮らします。

その後は、大岡山小学校で通っています。サッカーをやっていたそうですね。

高校は?

高校は神奈川県横浜市にある中高一貫の超進学校聖光学院中学校・高等学校を卒業しています。

平成8年4月〜平成14年3月までを聖光学院で過ごします。

中学校からの受験のみとなりますが、偏差値73と超難関ですね。2022年東京大学には91名が合格する名門校です。

灘中学校78 開成中学校77 慶應義塾中等部72 麻布中学校72 と比べても遜色なく超難関とわかりますね。

校則の厳しい学校で当時はその厳しさに悩んでいましたが、そのおかげで自分の中で一本の筋を通すことができました。

勉強もスポーツも恋も全力でした!

引用元:日本維新会HP

どんなスポーツしていたのかは情報はありませんでした。引続きサッカーをやっていたのでしょうか。

中高時代には、今回炎上している三角関数は学んでいると思います。三角関数の知識があっての発言なんですね。ただ、ここで学ばないと三角関数を使う人がいなくなる可能性があり、それも困ります。

大学は

大学は慶應義塾大学の経済学部です。

一年間浪人して、受験して入学しています。聖光学院出身のため、もしかしたら東大を狙って落ちて、慶應義塾大学に進学した可能性もあります。

慶應義塾の内部進学者ではないため、学力はある方なんでしょう。(内部進学者にも大勢い優秀な人もいます)

慶應義塾経済学部は偏差値67とここも超難関大学です。ちなみに早稲田の政経の経済は偏差値70となっています。

おそらくここでも、三角関数を使った経済の勉強はしてきていますね。なんで不要というのでしょう。

大学時代は旅とテニスをやっていたそうです。テニスはサークルでしょう。体育会では旅にいく時間は取れないですからね。

みずほ銀行での経歴は?

大学卒業後は4年4ヶ月間のみ銀行員として働いています。

支店勤務

平成20年4月から平成22年6月までは、銀座中央支店の支店勤務にて個人から法人までを経験しています。

まあ、入社2年目までなので、銀行の基礎を学ぶだけでだったのでしょう。実は筆者もメガバンク勤務に入行していたのでよく実情はわかります。

本店勤務

平成23年4月〜平成24年8月の1年4ヶ月は、みずほコーポレート銀行の国際為替部に在籍しています。2カ店目でトレーダーとはかなり出世ですね。親の七光りの影響もあるのでしょうか。

デリバティブで海外の金融機関と取引をする部署です。

トレーダーとして為替先物・JGB先物・金利スワップ・通貨スワップ・スワプション等を用いて、寝る間も惜しみながら、海外の銀行や証券会社と厳しい取引を行っていました。

引用元:引用元:日本維新会HP

この部署では本格的なトレーダーとして市場取引の仕事をしています。

これらの仕事の計算には、三角関数を応用していることも多いと思いますが、実際に実務にてその計算を自らする必要はないです。

このことからも、三角関数不要論を主張されている背景があるのでしょう。

ただ、国会議員が単純に三角関数は不要と発言することは、なんとも不用意かなとは感じますね。そのあたりは、もう感覚が麻痺してわからないのでしょう。残念です。

父親はあの伝説のディーラー

父親は、元参議院議員の藤巻健史氏です。かつて元モルガン銀行東京支店長として「伝説のディーラー」と呼ばれた市場のプロです。

ハイパーインフレ論や円安論者としても有名ですね。

  • 名前 :藤巻健史(ふじまきたけし)
  • 年齢:1950年
  • 学歴:一橋大学卒業
  • 職歴:三井信託銀行、米モルガン銀行、2013年参院議員(1期)、 現在は経済評論家
  • 家族:妻、長男藤巻健太(現衆議院議員)、次男(医者らしい)

藤巻健太氏も、父と同じの銀行員から国会議員になっています。父親の姿をみて育ち、憧れがあったのでしょう。

まとめ

「三角関数よりも金融経済を学ぶべきではないか」とツイッターでつぶやき大炎上中の藤巻健太議員のプロフィールについてみてきました。

  • 高校・大学の学歴:聖光学院中学・高校卒 慶應義塾大学経済学部卒
  • みずほ銀行経歴:4年4ヶ月 支店勤務2年と国際為替部でトレーダー経験
  • 父親:伝説のディーラー藤巻健史氏

まじめに勉強してきている経歴でした。三角関数の重要性も本人は十分に理解しての「三角関数不要論」と想像はつきます。ただ、公の場で発言するリスクがある意見ですね。もう少し考えて発言出来ないものか。と感じています。

これからの活躍は期待したいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる