MENU

佐々木麟太郎の身長はまだ伸びるの?父親(花巻東監督)との身長比較に驚き!

引用元:sponichi.co.jp

あの大谷翔平の母校花巻東(岩手県)野球部にとんでもない怪物1年生がいると話題沸騰です!

大谷翔平や菊池雄星を育てた花巻東高校の佐々木洋監督の長男「佐々木麟太郎」選手が、まだ高校1年生ながら高校通算49号ホームランを放ち、記録をぐんぐん伸ばしています。

11月23日の明治神宮大会準決勝でも4打数3安打の高校通算49号のスリーランを放ち大活躍!落合元中日監督や高校通算111本ホームラン記録を持つ日本ハムの清宮から大絶賛されています。

そんな、佐々木麟太郎選手ですが、現在身長は184センチですが、今後大谷選手並の193センチまで伸びていくのでしょうか?

花巻東高校の監督で佐々木麟太郎選手の父親でもある佐々木洋監督と身長を比較も含め検証してみました。

目次

佐々木麟太郎選手(花巻東高校1年)の身長はまだ伸びる可能性大

引用元:sponichi.co.jp

佐々木麟太郎さんは、現在高校1年の16歳です。ただ、体格はがっしり系にていつでもプロにいけそうな風格もあります。

プロフィール

  • 生年月日:2005年4付き18日生まれ(16歳)
  • 身長:184センチ
  • 体重:117キロ
  • 出身:岩手県
  • 利き腕:右投げ左打ち
  • ポジション:内野手
  • 50M走:6秒9
  • 家族:父(花巻東野球部監督)、母、妹(佐々木秋羽(しゅう)15歳)

身長はまだ伸びる可能性あり

佐々木麟太郎選手は現在16歳にて少し前まで183センチだったのが、今1センチ伸びて身長は184センチです。

父親も身長も180センチ近くあり、佐々木麟太郎選手は大食漢でよく食べます。

すしを50貫以上食べる大食漢で、中学時代は1度の食事で白米丼3杯とラーメン3人前を食べたり、5合の炊飯器を1人で空にしたこともある

これは、なんと大谷翔平選手とよく環境がにています。

親の身長が高い、大食漢である。中学3年生で180センチであったことなどから、佐々木麟太郎選手と大谷翔平選手はよく似ているとろがあります。

このようなところから、まだまだ身長が伸びる要素はありますね。期待したいです。

大谷翔平選手

大谷翔平選手の身長の伸び

  1. 小学生6年生167センチ
  2. 中学校3年生:180センチ
  3. 高校3年生:190センチ
  4. 現在:193センチ

親の身長

大谷選手の父親 180センチ 母親170センチ

食べる量

高校時代の大谷翔平選手は1日10杯ものご飯を食べていました。

佐々木麟太郎選手の身長推移

佐々木麟太郎選手の小学生・中学生時代の身長の情報は現在公開されていないみたいです。

ただ、その時々の写真はあります。4

4歳児

4歳時の写真では、なんともわかりませんが、少し大きいぐらいでしょうか。

小学2年生

小学2年生にして、すでに体は大きかったとの発言もあります。

佐々木は2005年4月18日生まれの16才。小学2年時に、大谷翔平の父親が監督をしている地元江釣子ジュニアで捕手としてプレーを始めたが、その頃から体は大きかった。

引用元:THE DIGEST

中学時代

佐々木麟太郎選手は、小さいときは投手と三塁手でした。このころにはもうでかいですね。180センチぐらいありそうです。

中学は、金ヶ崎リトルシニアの主将で4番、投手と三塁手として活躍した。

引用元:THE DIGEST

父親(花巻東高校の野球部監督)との身長比較

身長は親の遺伝によるところが大きい

佐々木麟太郎選手の父親は、花巻東高校の野球部監督をしていますが、身長の公表はありません。

ただ、息子麟太郎選手や教え子菊池雄星選手と並んで写っている写真があります。

そこから推測するに、父親(監督)は180センチ程度の身長があると考えられます。

よって、親の遺伝を考えると当然現在のほうが食事環境もよく、佐々木麟太郎さんは高校に入っても更に身長が伸びる可能性は高いと考えられます。

親子の写真では、若干父親のほうが低い感じがします。また、菊池雄星選手は184センチありますので、やはり父親(監督)は180センチ程度の身長となるでしょう。

佐々木洋監督(麟太郎父)のプロフィール

現在は、高校で日本史を教えていますが、幼いころからプロ野球選手を目指して野球をしていました。

高校では甲子園出場はなく、国士舘大学にて2部リーグでキャッチャーをしていました。

その後、岩手県に帰り花巻東の教員となり、菊池雄星や大谷翔平を育て、甲子園へ11大会出場をはたす、名将となっています。

まとめ

花巻東高校の「怪物1年生」佐々木麟太郎選手は、現在身長184センチです。こんごまだまだ身長が伸びていくでしょうか?

監督で佐々木麟太郎選手の父親でもある佐々木洋監督と身長を比較も含め検証してみてきました。

結論は、まだまだ身長は伸びる可能性がありますね。

  • 親の遺伝を継ぐ:父親(監督)は身長180センチ程度あるため、遺伝的にはまだまだ成長余力あり
  • 大食漢:すしを50貫以上食べる大食漢
  • 大谷選手との環境が似ている:親の身長が高い、大食漢、中学3年生180センチから高校で190センチまで伸びた

今後ますます活躍が期待出来る大物高校生です。

大谷選手の後をおって世界で活躍する選手になってください。応援しています。

広告
Loading...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる