MENU

【到着動画】辛坊治郎が太平洋横断成功!費用は?出発日時や出航場所はどこ!

引用元:news.yahoo.co.jp

キャスターの辛坊治郎氏が読売テレビ番組「ウェークアップ!ぷらす」と「そこまで言って委員会NP」のMCを卒業するとの情報が入ってきました。

なんと前回失敗した太平洋ヨット横断再チャレンジするそうです。前回は出航後5日目にクジラに衝突して遭難し、自衛隊に救助され多大なる迷惑を掛けてますが。

2021年太平洋ヨット横断費用は今回全額自己負担ですがいくらかかるのか、出発は日時はいつ?出航場所は大阪のどこ?を調査しました。

2021年6月17日追記

辛坊キャスターが8年越しに太平洋横断成功です。無事サンディエゴに到着しました。おめでとうございます。

広告
Loading...
目次

2021年6月17日、ヨットでの太平洋横断でゴールのサンディエゴに無事到着。

キャスターの辛坊治郎氏が17日、挑戦しているヨットでの太平洋横断でゴールのサンディエゴに無事到着した。

おめでとございます。当初の計画から8年目にてゴールです。

動画を投稿されたのが、前回挑戦時の同乗者岩本さんです。お迎えに行かれたのです。さぞ嬉しかったでしょう!

辛坊治郎の2021年太平洋ヨット横断費用は?

辛坊治郎キャスターは、早稲田大学時代にはヨット同好会所属したり、社会人になってからも、ヨットに乗っていました。

2013年6月にも、太平洋横断を試みて、福島県から出航しましたが、クジラと衝突してリタイヤした過去があり、その時の自衛隊救助に多大な税金が投入されたことが、話題にもなりました。

今回はリベンジですね。太平洋横断費用については、公表されていません。ただ、「億のお金がかかっている」との声もあります。

中古のヨット使用では、1000万円程度で何とかなりそうですが、やはり新艇に近いヨットではヨット代だけで9000万円程度かかります。

今回の費用は、ほぼ1億円と予想できますね

修理等の費用の内訳

 ①メインエンジン 250万円(OH修理)  or  新品エンジンを乗せ替え300万円
②ソーラー発電システム タワー架台120万円 +  ソーラー発電システム本体工事 68万円

③空調システム修理工事 コンプレッサー入れ替え工事  + 電気工事 他  57万円

④クルージング用 ジェネカーポール / セール + マスト工事 他  合計 95万円

⑤風力発電装置 修理 25万円

⑥その他の修理や調整、艤装備品 200万円

⑦太平洋の横断航海の必要諸経費 150万円

合計金額は約1,000万円にもなります。でも、全部の金額を支援で賄おうとは思っていません。半分は自分で仕事して捻出したいと考えています。  ※現在の同型艇新艇同等艤装価格は凡そ9,000万円程もします。高いですね〜❗️

引用元:https://camp-fire.jp/projects/view/152538

出発の日時や出航場所は大阪のどこ!

出発(出航)の日時は?

辛坊治郎さんのヨット太平洋横断の再チャレンジの日時は、4月半ばに出発と公開されています。

2013年の初チャレンジ時は、2013年6月8日(土曜日)でした。

2021年4月の再チャレンジの出航日時は、前回同様に土曜日となると4月10日、17日、24日の内、どれかだと考えられます。時間については、安全面から明るい早い時間でしょう。

最有力候補は、4月17日(土曜日)10時に出航となります。

ただ、今回はスポンサー無しであることから、静かな出航となる場合は、平日となる可能もありますね。

出航場所は大阪のどこ?

2021年の再チャレンジの出航場所は、前回同様の大阪・北港となります。有名なUSJのテーマパークの近くとなりますね。

具体的な場所については、下記の通りです。

出発の応援に行ってみたですが、基本マリーナは関係者以外は立ち入り禁止となってますね。応援のためにも是非当日は解放して欲しいですね。

引用元:https://www.hokkomarina.com/

前回の初チャレンジ時の出発からの経緯は下記となります。無事の乗り切って欲しいです。

◎エオラス号、救助までの経緯

6月8日 ヒロさん、辛坊さんが乗る〈エオラス〉号(ブリストルチャネルカッター28)が、大阪・北港を出港

6月16日 福島県・小名浜を出港

6月21日 7時45分頃、宮城県金華山南東1200キロ沖合を航行中に浸水。事務局を通じて海上保安庁に救助要請、通報直後にヨットを放棄してライフラフト(救命筏)で避難

6月21日 海上自衛隊の救難飛行艇により18時14分に救助。現場は波高3〜4メートル、風速16〜18メートル。救助機は22時30分に海上自衛隊厚木基地に到着

引用元:https://bulkhead.jp/2013/06/15309/

最後に

辛坊治郎キャスターの2021ヨット太平洋横断再チャレンジの費用と出航日時や大阪の出航場所を調査しました。

辛坊治郎キャスター、今度は是非ヨット太平洋横断に成功して欲しいものです。また、遭難して税金投入は勘弁してくださいね。

そして、また業界がさびしくなったいつでも帰ってきてください。待ってます。

広告
Loading...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる